187316債務無料相談室

187316債務無料相談室

多重債務・債務の減額・借金返済にお困りの方の為の無料相談を運営

特定調停
掛かる費用が安く、短期間で債務整理を行います

test特定調停とは裁判所を利用して借金を減らし(どれぐらい減額されるかは借り入れた時期・金利・借入額・返済方法などによって変わってきます)、原則無利息で3年から5年間で返済していく手続です。利用するための裁判所での費用が最も安く、専門家に依頼した場合に支払う費用も他の債務整理に比べて最も安い手続です。

手続の内容としては、調停委員、債権者、債務者(専門家に依頼した場合は専門家が債務者の代理人となります)の三者で話し合いをして、借金を減額し無利息での返済を求めていくという形で進めていくことになります。

メリット

デメリット

自己破産 任意整理 個人民事再生 特定調停

不服であれば異議の申立てができる

『支払督促』とは、債務者の意見を聴くことなく裁判所が債務者に対して一定のお金を支払えという命令です。当然債務者の言い分を聞いたり証拠を調べているわけではないので、債務者はこの支払督促が届いてから2週間以内であれば、裁判所に異議の申立てをすることができます

この異議の申立てをするには、特に理由は必要ではなく、この異議の申立てによって、通常の裁判手続きに移行します。異議を申立てると、その2週間くらいあとに口頭弁論期日の呼出状が届きます。この期日に何もしないで欠席すると、異議を述べなかった場合と同様に、業者側の言い分をすべて認めたことになります。ただし、書面で『答弁書』というものを書いて送っておけば、口頭弁論期日に出席したのと同様の効果があります。

仮に異議を申立てなかった場合、業者の言い分がすべて認められることになり、支払督促に仮執行宣言というものが付されることになり、給料や家財道具を差押えられてしまうかもしれませんので注意して下さい。仮に、仮執行宣言を付されても2週間以内であれば、債務者は異議を申立てることができますが、この異議申立てをしたとしても強制執行が行われる可能性があります。

この強制執行を止めるためには、別途『強制執行の停止申立て』をする必要があります。また、異議を申立てなかった場合仮執行宣言付き支払督促が確定し、通常の裁判手続きによる確定判決と同じ効力をもつことになります。裁判手続きがよくわからなくて不安な場合は司法書士・弁護士などの専門家に相談しましょう

>>よくあるご質問ページを見る

187316債務無料相談、実施中!!

もう悩まない!187316債務無料相談室

借金問題に関して、よく寄せられるご質問・ご相談をまとめたページも併せてご利用ください。

借金問題は、早期対処が早期解決の近道となります。専門用語や、法律についてすべてを知ることは容易なことではないと考えます。問題解決のための知識や方法を知ることは大きな一歩です。316債務無料相談室では、数々の経験や実績を踏まえ、適切な方法のアドバイスを実現します。また、お悩みになる方の気持ちを理解することも怠りません。お一人で悩まれることは、とても辛く苦しいものです。借金の問題は、必ず解決します。悩み続けるよりも、ぜひご相談ください。ご相談に際して費用等は一切いただいておりません。

お急ぎの方は、下記のフリーダイヤルにおかけください。メール無料相談の方は、当サイト設置の専用相談フォームにお答えください(約5分程度で済む簡単な内容です)。ご相談内容を承り次第、通常1日〜2日でご連絡させていただきます(お電話にてのご連絡となります。お電話番号の入力間違いにご注意ください。)

メール相談はこちらから電話無料相談

ご相談留意事項

債務整理の方法 | よくあるご質問 | オフィス&ポリシー | メール無料相談
187316債務無料相談室