187316債務無料相談室

187316債務無料相談室

多重債務・債務の減額・借金返済にお困りの方の為の無料相談を運営

個人民事再生
役職や持ち家を維持しながら借金を圧縮します

test給与所得者又は定期的な収入がある自営業者や年金生活者で債務額が5,000万円以下の方民事再生とは債務額を100万円または5分の1に圧縮し、原則3年間で返済する手続です。裁判所に申し立てることによって行い、一定の手続を経て借金を圧縮します。また、この手続の大きな特徴は自己破産とは違い、自分の財産を没収されることもありません

ただ、一定の収入があることが条件(フリーターでもOKです)になります。

自分の財産を守りたいけど借金の額が膨大で返済できそうにない方にお勧めできる制度といえるでしょう。

メリット

デメリット

自己破産 任意整理 民事再生 特定調停

給料の全額差押えはできない

民事執行法では差押禁止債権として給料・賃金などを規定しており、これらの債権については1/4までしか差押えを認めていません。よって、残りの3/4については差押えをすることはできません。なお、民事執行では、標準的な世帯の必要生計費を勘案して政令で金額を定めているので、それ以下は1/4しか差押えられないように定めています。

債務者がそれ以上の給与を得ているのであれば、それ以上の分については全額差押えることができます。政令で定める金額は21万円ですので、給料が28万円であれば、そのうちの1/4である7万円が差押えられて21万円が差押えられない部分となりますが、債務者の給料が28万円を越えるのであれば、超えた金額については全額差押えることができます。差押えの対象となる給料の額については、毎月の本給に扶養手当・調整手当などの諸手当を加えた額から所得税・市町村税・社会保険料などを控除した実質賃金で計算されます。

また、たとえ差押えが許されている範囲内でも、債務者の生活状況によってはその範囲が縮小されることも考えられます。債務者の生活が極めて困窮していて、差押えをされることによって憲法で保障されている最低限度の生活さえできなくなってしまうような場合は、その者の生活状況を考慮して、差押え範囲の縮小または取消しが可能です。

実際に、この1/4を1/16に変更してもらったり、差押え自体を取消してもらえることもあります。給料が差押えられると、業者は直接給料支払日に会社に取立てに来ることになるので、当然会社の知るところになります。会社は、業者に直接支払ってもいいし、法務局に供託することもできます。

>>よくあるご質問ページを見る

187316債務無料相談、実施中!!

もう悩まない!187316債務無料相談室

借金問題に関して、よく寄せられるご質問・ご相談をまとめたページも併せてご利用ください。

借金問題は、早期対処が早期解決の近道となります。専門用語や、法律についてすべてを知ることは容易なことではないと考えます。問題解決のための知識や方法を知ることは大きな一歩です。316債務無料相談室では、数々の経験や実績を踏まえ、適切な方法のアドバイスを実現します。また、お悩みになる方の気持ちを理解することも怠りません。お一人で悩まれることは、とても辛く苦しいものです。借金の問題は、必ず解決します。悩み続けるよりも、ぜひご相談ください。ご相談に際して費用等は一切いただいておりません。

お急ぎの方は、下記のフリーダイヤルにおかけください。メール無料相談の方は、当サイト設置の専用相談フォームにお答えください(約5分程度で済む簡単な内容です)。ご相談内容を承り次第、通常1日〜2日でご連絡させていただきます(お電話にてのご連絡となります。お電話番号の入力間違いにご注意ください。)

メール相談はこちらから電話無料相談

ご相談留意事項

債務整理の方法 | よくあるご質問 | オフィス&ポリシー | メール無料相談
187316債務無料相談室