187316債務無料相談室

187316債務無料相談室

多重債務・債務の減額・借金返済にお困りの方の為の無料相談を運営

自己破産
何もかも全てを失うわけではありません

test自己破産とは裁判所の手続を経て債務を帳消し(免責といいます)にする手続です。自己破産という言葉には暗いイメージがありますが、一般的に知られているほど申立人にとって不利益はありません。

例えば、自己破産の手続はマイナスの財産を帳消しにすると同時にプラスの財産も失われますが、プラスの財産全てが無くなると言うわけではありません。生活必需品(例えばテレビやパソコン)は当然のことながら時価20万円以下の財産はそのまま所有することが出来ます。

また、選挙権が失われたり、周囲の人間にばれてしまうなどということは一切ありません。

メリット

デメリット

自己破産 任意整理 個人民事再生 特定調停

勤務先への取立ては貸金業法違反

サラ金業者などが、勤務先にまで借金の取立てをしに来るのは貸金業規制法21条(取立て行為の規制)違反になりますし、仕事に影響がでるようでしたら業務妨害罪が成立しますので、直ちに警察に通報しましょう。場合によっては告訴を考えてもいいでしょう。

また監督行政庁に対して、サラ金業者の業務停止・登録取消しを求める行政処分の申立てをすることもできます。それでも、取立てを止めない場合は、裁判所に取立て禁止の仮処分申請をしてもいいでしょう。

また、損害を受けた場合は当然に不法行為に基づく損害賠償請求もできます。

>>よくあるご質問ページを見る

187316債務無料相談、実施中!!

もう悩まない!187316債務無料相談室

借金問題に関して、よく寄せられるご質問・ご相談をまとめたページも併せてご利用ください。

借金問題は、早期対処が早期解決の近道となります。専門用語や、法律についてすべてを知ることは容易なことではないと考えます。問題解決のための知識や方法を知ることは大きな一歩です。316債務無料相談室では、数々の経験や実績を踏まえ、適切な方法のアドバイスを実現します。また、お悩みになる方の気持ちを理解することも怠りません。お一人で悩まれることは、とても辛く苦しいものです。借金の問題は、必ず解決します。悩み続けるよりも、ぜひご相談ください。ご相談に際して費用等は一切いただいておりません。

お急ぎの方は、下記のフリーダイヤルにおかけください。メール無料相談の方は、当サイト設置の専用相談フォームにお答えください(約5分程度で済む簡単な内容です)。ご相談内容を承り次第、通常1日〜2日でご連絡させていただきます(お電話にてのご連絡となります。お電話番号の入力間違いにご注意ください。)

メール相談はこちらから電話無料相談

ご相談留意事項

債務整理の方法 | よくあるご質問 | オフィス&ポリシー | メール無料相談
187316債務無料相談室